HERMES エブリン黄色のペン痕補修☆

Pocket

こんにちは!スマイルグループリペアセンターの小田切です。

人の肌 と 革 に共通点ってあるんですよ(^^)

そんなことを先日感じたので書いてみますね。

定期的にセルフエステというものに友人といっています。

セルフエステとは、美容機器が置いてあり、自分でその機械を使って

エステをするというものです。担当の美容部員さんが付いてくれるので

使い方や肌のことをその都度教えてくれるんです。

スチームから汚れ吸引、リフトアップなど色々あって、

友人と話しながらするのはとても楽しく、良いリフレッシュの機会です。

その時に、ファンデーションなどを塗るのに、

私は力を入れていることを教えてくれました。

友人たちは少量ずつ指につけ、少しずつ伸ばしていく。

とても自然な感じの仕上がりになってました。

私の短時間の化粧の理由‥‥ざっと指で伸ばしてました~

だからムラになる時があったんだ!

バッグの補色の時に、色を少しずつ重ねていくのと一緒だ!

こんなところで仕事が生きるとは(*^。^*)

仕事では、かなり丁寧に色を入れていきます。

方法も資材もその革に合ったものを見極めているので、綺麗な仕上がりです。

革の質感を大切に仕上げます。

人の肌の美容は、革の補修にも共通することが多いので、もっと勉強をしてみようっと。

人の肌は、摩擦に弱いそうです。こすったりすると、シワの原因になったりするので、

かゆくても強くこすり過ぎないようにお気を付け下さい。

特に目の周りの皮膚は周囲よりもうすいそうなので、ご注意を。

革は、優しくこすると(磨くと)ツヤが出るのに‥‥そこは、違うな~

 

今日は、エルメス エブリンのペン痕を補修しました。

ペンを持ったまま、鞄をもったりすると書いてしまうことがありますね。

リペアのご依頼で、意外に多いのがバッグの中のペン痕を消したい!というのなんです。

リペア前↓RA2-4エルメスB3

リペア後↓

RA2-4エルメスA3

通常 強く書かれたペン痕は、色を合わせるので分かりづらいですが、

傷が薄く残ってしまいます。

今回は、キズが浅かったので、綺麗に仕上がりました(*^。^*)

革目を潰すことなく補色したのを見せたくて、アップ画像です(^^)v

 

repairLP

↓↓↓お問い合わせはコチラ↓↓↓

スマイルグループ リペアセンター

〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田470-7

TEL 0120-980-243 / 055-279-7303(センター直通)

Mail repair@smile1.co.jp

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください