シャネル カンボン ココマークの補修比較☆

Pocket

こんにちは!スマイルグループリペアセンターの小田切です。

梅雨が明けて、いよいよ本格的な夏の暑さです(+_+)

今日は、土曜の丑の日!

その暑さに打ち勝つために、ウナギを食べようかな~

皆さんも食べて、力をつけてください♡

 

今日は、スレや傷補修の仕上がり方法についてお話しします(^^♪

補修依頼を受けて、必ずお客様に確認すること!

それは、仕上がりが『質感重視』か、『見た目重視』かということです。

これは、「修復してもらったら、革っぽくなくなった!」とか、

「まだ、うっすら傷がみえる」と、仕上がりの行き違いを無くす為です。

下記の画像を参考にしていただければ、修復依頼を出される時の

仕上がりイメージがしやすくなるかと思います。

ぜひ ご覧ください♡

 

シャネル カンボンラインのココマーク部分のスレ補修をご依頼頂きました。

今回のご希望は、『革の質感重視!』です。

傷やスレを全く見えなくするようにすると、見た目がきれいになりますが、

革っぽく見えなくなります。

『質感重視』は、できるだけ傷やスレを目立たなくして、でも革の質感を残して!

という作業方法です。

リペア前と後『質感重視』の画像をご覧ください。

DSCN9587シャネル作業前2

 

DSCN9647シャネル薄塗

一見スレがあったことが分かりませんが、

目を凝らしてよーく見ると、スレていたところが分かります。

ただ、スレてしまった所以外の模様(シボ)はしっかり残しますので、

補色した違和感はありません(^^)

~もう一つの方法~

先日の修理依頼で、「傷が全く見えない仕上がりで、真っ白に!」

というココマークの仕上がり画像は↓

RA2-23シャネルA2 ベタ塗り2

表面がツルっとした感じになり、真っ白で綺麗です(^^)

ただ、革の質感(シボ)は失われます。

お使いになる方のご希望に合わせて作業致しますので、

「ちょっと細かいかな?」と思う様な事でも、

ご遠慮なくお申し付けください!

大切なお品ですので、安心してお任せ頂けるよう心掛けております。

詳しくはこちらまで↓↓↓

キャプチャ

フェイスブックもはじめました!

FB


スマイルグループ リペアセンター

〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田470-7

TEL 0120-980-243 / 055-279-7303(センター直通)

Mail repair@smile1.co.jp

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください